お助けコラム

生前整理をする際に気をつけたい4つのポイント

この記事の読了目安時間は[5分]です。

この記事の要約

生前整理の4つのポイント

生前整理のメリット

これからの人生を前向きで輝いた暮らしにするためにオススメです。

おすすめのタイミング

始める年齢や季節をご紹介、生前整理のきっかけにしましょう。

生前整理を始める前に

手順がわかれば整理もスムーズになります。

仕分けの方法

まずは大きく分類して、細かい整理は後回しにしましょう。

最近は「終活」の一環として、生前整理を行う方も増えてきました。

生前整理とは、生前に財産や身の回りのものを整理することです。

整理をしていない場合は、遺族が自分の死後に遺品整理を行いますが、
事前に自分で整理をしておくことで、家族の負担をへらすことができます。

生前整理は、基本的に自分で行うことが多いですが、重たい荷物もったときなど、転倒等の危険もあります。

ご家族が遠方で手伝ってもらうことが難しい場合は、
遺品整理の業者に頼むという方法もございます。

良い遺品整理業者の選び方についてはこちら

生前整理でやることは、不用品の片付けだけではありませんがいちばん体力や時間を使う作業でもあります。

事前にタイミングやコツを理解し、効率的に進めていきましょう。

1. 生前整理のメリット

生前整理をすることは、自分自身にも、家族にもさまざまなメリットがあります。

【1】今までの思い出を大切に、これからの人生を考えるきっかけになる

生前整理は、身辺の整理だけを目的としているわけではありません。

過去の思い出も整理して、これからの人生を悔いなく過ごしたりやりたいことを新しく見つけたりもできます。

【2】住みやすい環境で生活ができる

長い間暮らしていると、少しずつ物は増えていくものです。

生活の動線上にものがあったり、高いところにものがあると思わぬケガの原因となる場合があります。

また、タンスの奥などにしまっていたものも出してきて整理するので、
どこに何があるか自分自身で把握ができるようになります。

【3】家族の負担を軽減できる

自分の死後は、家族がお葬式の準備や片付けなどを引き受けてくれます。

そのときに自宅にあふれかえるほどのものがあったら家族はどこから手をつけていいかわからなくなってしまいます。

中には、仕事でなかなか時間がとれなかったり、遠方に住んでいたので片付けをする時間がわずかしかないなんて場合もあります。

生前整理をしていれば、肉体的にも精神的にも、家族の負担を減らしてあげられます。

■おすすめのタイミング

生前整理をいざ始めてみると、想像以上に時間がかかることが多いです。

年齢に関係なく、思い立った時にすぐ始めることをおすすめします。

体を動かしにくくなる前に整理を終えておくと生活自体も楽になるので
心身ともに健康なうちに、効率よく済ませてしまいましょう。

時期は春や秋など、過ごしやすい季節をおすすめします。

整理を始めるとついつい熱中してしまうため、夏には熱中症を引き起こしたり冬はヒートショックを起こす可能性があったりします。

しんどいと感じたら、無理をせずこまめに休憩をとるようにもしましょう。

消耗品などは、ストックが大量にあるなんてこともありますので一か所にまとめるか、
思い切って予備を1つだけ残して捨ててしまってもいいでしょう。

食器棚やハンガーラックなど、わかりやすいところから始めると片付けの成果が目に見えてわかり、
次の片付けのやる気にもつながりますよ。

不用品の片付けが終わり、大型の棚やタンスが必要なくなったときは、不用品回収業者に依頼したり自治体の粗大ごみ回収を利用しましょう。

量が多い時や、一緒に不用品も処分してしまいたいときは、不用品回収業者に頼むほうがリーズナブルにすむこともあります。

無料の見積もりを出してもらえる業者もたくさんありますので、一度相談してみるといいかもしれません。

おすすめの不用品回収業者はこちら

いかがでしたでしょうか?

生前整理は、思っている以上に時間がかかり、大変な作業です。

一度で完璧にしようと時間をかけてしまうと、疲れてしまって次に続きをしようという気力がでなくなってしまいます。

自分のペースで少しずつ、今までの思い出をゆっくりと振り返りながら片付けていきましょう。

生前整理でお困りの方の手助けになりますように。

ランキングから会社を探す

  • 近畿で選ばれている会社
  • 口コミ評価ランキング
  • 遺品整理で人気の会社
  • 不用品回収で人気の会社
  • お客様満足度がいい会社
  • スタッフがいい会社